本文へ移動

介護に携わる想い

はじめに

『介護に携わる想い』について
 
 
介護のお仕事についてどのようなイメージをお持ちでしょうか。
固定的なイメージを持たれている方も少なくないのではないかと思います。
お世話をされる方だけでなく、お世話をさせていただく職員にも、それぞれの人生があり、それぞれの想いがあります。
しかしながら、それを知っていただく機会があまりありません。
我々は、介護のお仕事をさせていただくことで感じたそれぞれの想いを文章にしてみました。
ぜひ、ご一読ください。
我々の仕事が、決して固定的なイメージで捉われるものではないことを知っていただければ幸いです。
 
 
デイサービスさくらんぼ
 
 

笑顔で気持ちが伝わる

笑顔で気持ちが伝わる
デイサービス さくらんぼ
木村 裕子   

私が、介護の仕事をしたいと思う様になったのは、中学生の頃でした。
家族構成は、祖母、両親、私、妹の5人家族で、祖母と過ごす時間や経験が、きっかけだったと思います。
祖母は我慢強い性格だったので、私たち家族が知らぬ間に緑内障になっており、周りが気付いた時には、手遅れで失明をしていました。
暗闇で生活をしなければならなくなった祖母の為、思春期に恥ずかしいと思われる「誰かと手を繋ぐ」私は普通に祖母の手を握っていました。
手をマッサージしたり、学校や友達の事、季節で変わる風景等・・・。色々な話をしました。祖母の手は温かく、私は、大好きでした。
そんな時、いつも言ってくれていたのが、
「ねぇちゃん(私)は、いつも優しく笑って話してくれるなぁ。」と。
「笑ってる。ってどうしてそう思うの?」聞くと、
「そんなん、見えんでも分かる!」と言われました。
祖母の何気ない一言でしたが、私の心は、もっと温かくなり、「おばあちゃん子」になった瞬間でした。
約5年間、在宅で介護をし、入退院を繰り返した後、最期は病院で迎えました。
その頃から、私は、介護の勉強をし、実践、経験を積み今に至ります。
介護は、人と人の関わりで、表情一つで伝わります。笑顔で接すると、相手も穏やかになると思います。生まれた時代は違うけど、同じ時間を一緒に過ごさせていただく事に感謝して、頑張りたいと思います。

介護職について良かったこと

介護職について良かった事
デイサービスさくらんぼ
藤堂 君子
 
 年がいって物覚えが悪くなり、今さら人間関係で悩むのも嫌だと、定年後の再就職に二の足を踏んでいました。時が経つのは早いもので、この仕事に携わり6年が過ぎました。
 当初はデイサービスでここまでしてあげるの?と思うくらい行き届いたサービスにびっくりしましたが、体力面、精神面等いろいろ不安定な高齢者なので当然だと思うようになりました。
私も介護状態の母親がいるし、自分自身の将来のことなので、勉強になり良かったと思っています。
 また、利用者様と接する中で、子供の頃の遊びや風習等、忘れていた事を思い出して話が盛り上がる事も多々あります。そんな時は、一体感があり、うれしいですね。
 

まえだ整形外科 外科医院
〒762-0007
香川県坂出市室町3丁目1-13
TEL.0877-46-5056
FAX.0877-46-5421

2
0
9
1
6
3
TOPへ戻る