本文へ移動

ピアス

ピアスの魅力

ピアスの魅力は、デザインが豊富なことです。イヤリングと比較しても、その種類は多く、長時間つけても痛みが少ないため、洋服とのコディネートを楽しんだり、ポイントアイテムとして際立たせたりと、オシャレの幅が広がります。

ピアスを開けることのリスク

ピアスホールの施術前後に主に以下のようなリスクを理解していただく必要があります。
〇麻酔や、ホール施術時の疼痛があります。
〇金属アレルギーになる可能性があります。
〇施術後にピアスホールが化膿する恐れがあります。
〇予め、ピアスホールの位置をお決めいただきますが、人体の性質上、必ずしも左右対称になりません。
〇ダウンタイムが長いため、毎日のケアが必要です。

ピアス施術後の注意点

ピアス施術後、ピアスホールが安定するまでに約1か月~2か月はかかります。それまでは、ピアスと皮膚を1mm程度あけ、処方させていただいく消毒液を使い、細目に消毒を行い、清潔を保ちましょう。また、サウナや温泉、激しいスポーツは極力避けるようにしましょう。痒みや分泌物がなく、ピアスの軸部分が違和感なく回るようになると、安定してきた証拠です。

ピアスの施術

局所麻酔を使用します(希望者のみ。実費負担)。
ピアス施術後には、化膿や発熱等を予防するため、抗生剤と痛み止め、消毒剤を処方いたします(実費負担)。

ピアス施術後、違和感やアレルギー反応などの皮膚トラブルが発生した場合は、受診してくだい。
ピアスを受けられる方の事由により、医師の判断で施術が行えないことがあります。
未成年の方は、保護者の同意が必要です。

料金

◎JPS(日本ピアスシステム)をお持ちいただいた場合
・耳タブ(両耳1カ所ずつ)…480円
・軟骨部位やおへそ、唇など…3,000円
◎JPS(日本ピアスシステム)以外のピアスをお持ちいただいた場合
・耳タブ(両耳1カ所ずつ)…3,000円
・軟骨部位やおへそ、唇など…6,800円
◎当院のピアスを使用する場合
・耳タブ(両耳1カ所ずつ)…1,980円
・軟骨部位やおへそ、唇など…6,800円
 
◎局所麻酔…210円
◎基本診察料…1980円
◎調剤料・処方料…510円
◎抗生剤、痛み止め…270円〜(施術場所により処方される薬の量が変わります)

 
※ピアス施術費用はあくまでもピアスホールを作るための費用です。施術後のご返金は基本的には行っておりません。なお、施術後のピアスホールが化膿したり異常が生じた場合の診察や処置、投薬については別途費用がかかりますのでご了承ください(保険診療)。

TOPへ戻る